BLOG

FMCの日常やイベントなど
を紹介いたします。

2020.09.10

FMCではオリジナルのエコマグカップを販売しています!

本日はFMCのオリジナル企画商品の、エコマグカップをご紹介させていただきます。

「エコ」はこの頃では「サスティナビリティ」と言い換えられており、耳にすることが増えたなぁと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私自身、子供ができたことがきっかけで意識が変わり、少しずつ自分たちにできることから初めていきたいと考えるようになりました。

骨髄バンクへの定期的な募金や、コーヒーやチョコなどをフェアトレードの製品にしたりと生活の一部のものを変えるところから始めています。

今後の社会では、消費者の方々の「環境・社会に配慮した商品」に対する購入意向が、約7~8割にのぼるとされています。
(2019年11月発表 博報堂「生活者のサステナブル購買行動調査」より)

私の尊敬するアパレル企業の一つでもあるパタゴニアはリサイクルやフェアトレードなど率先して行なっており、消費者としても生産者としても共感し、購買するきっかけとなっていました。

FMCにとっても「環境や社会に配慮した取り組み」は理想的な企業のあり方だと考えています。

その一つとして企画したのが今回ご紹介する「エコマグカップ」です。

 

1)ペットボトルのリサイクル材は3つの嬉しいポイントがある

このマグカップは、ペットボトルのリサイクル材や、ペットボトルを生産する工程の中で
不良廃棄されたものを100%使用して作られています。

特許も取得しており、食品衛生試験の結果も全て限度内。
お子様にも安心してご使用いただけるものとなっております。

環境にも人々にも優しいことはもちろん、マグカップとしての長所も。

①軽く割れにくい
②耐熱温度も180度と高く、電子レンジでも使用することが可能
③熱湯を注いでも、熱くなりにくい

3つの嬉しいポイントのおかげで、毎日使いにも最適の仕上がりとなっております。

 

2)FMCでしか買えない!こだわりの柄3種類

我々Hoardersが持つビンテージアーカイブを
デザインソースとし昇華転写にてプリントいたしました。

今だからこそ意味のあるプロダクトと歴史を感じるデザインの融合を
お楽しみいただければと思います。
線の緩さ、アウトラインのぼんやり具合に
当時のアメリカらしさを感じていただけたら嬉しいです。

■50’s Denver Print Mag

1950年代ごろのキッズTシャツがモチーフ。
コロラド州デンバーといえばカウボーイ。
当時のワイオミングやコロラド、テキサスなんかはカウボーイモチーフのものが多く、これもその内の一つです。

■60’s Marine motif Mag

1960年代ごろのバンダナの柄がモチーフ。
アンカーやヨット、そして灯台など、海の関するプリントが施されています。
自分もこちらを愛用しています。

■40’s Hawaiian motif Mag

1940年代〜50年代頃のハワイアンシャツ(アロハシャツ)がモチーフ。
南の島やヨット、カモメなどこちらもトロピカルな雰囲気を楽しめるデザインとなっております。

現在これらのソースを元にサイズやデザイン違いで計12種のマグカップを展開しております。

 

3)サイズ展開は3つ。子供にも嬉しい。

■キッズマグ
口径:約65mm
高さ:約75mm(スタック部含む)
容量:約200ml(満注時)
金額;1,580円(税込)

■レギュラーマグ
口径:約82mm
高さ:約88mm(スタック部含む)
容量:約330ml(満注時)
金額;1,780円(税込)

■スープマグ
口径: 85mm
高さ: 88mm
容量: 約320ml(満注時)
金額;1,980円(税込)

現在お買い求めいただける店舗は、高円寺にある古着屋RENGAです。

また、不定期ではございますがHoardersが開催するイベントでもお問い扱いがございますので、ブログでの最新情報をお待ちいただければと思います。

 

==========================

マグカップ取り扱い店舗情報

RENGA CLOTHING STORE
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4−43−9
営業時間:15:00〜22:00

FMC MAGAZINE

最新ニュースから業界の動向、
求人情報まで毎月1回お届けします。